Hasselblad SWC

今回は私が使っているカメラの紹介です。
最近頻繁に使用しているのが、HASSELBLAD(ハッセルブラッド)SWCです。

今時ハッセルブラッドかよ・・・・しかもSWCって!!
フィルム自体がどんどん縮小してめっちゃくちゃコスト高の現在では、そう思う方もいるかもしれませんね。

もともと20年ほどHASSELBLAD 503CWを使用していたのですが、巻き戻しクランク部分が壊れてしまい、中古で503CW専用の巻き戻しクランクがないか中古カメラ屋で探していたところ、血迷ってSWCに手を出したのが切っ掛けです。

ちなみに503CW用の巻き戻しクランクEに関しては、探してもなかなか見つけることができないままで、503CWは現状防湿庫の肥やしになっています。

HASSELBLAD(ハッセルブラッド)SWCを使って思うこと

SWCシリーズに使用されているBiogon(ビオゴン)38mm F4.5はすごいと、いろいろな書籍なりで評価を聞いていました。

実際に自分で使用したところ、やっぱり繊細で綺麗なグレートーンの諧調再現や、超広角レンズながらも歪みが少ないように感じますね。特に私の場合には、モノクロームで撮影するのが大半なので、CタイプレンズのSWCが一番あっていたのだと満足しています。

とは言っても拘りのある方なら、Cタイプレンズのノーコーティングじゃないとダメだと言う人もいるかもしれませんが、全然T★コーティングされたCレンズでもなっとくの描写だと思っています。
※まあ素人なんで、そこまでレンズの描写性について見切れていないのかもしれませんがね。

HASSELBLAD SWC外付けファインダー

ちょっとな~~と思うところは、やはり外付けファインダーの像が歪んでいることと、クリアでないことですね。バシッと精密な構図を確認して撮影したい方には、ちょっと合わないかもしれません。

中古の価格でも、SWC以降の機種よりもお安く購入できるので、お得感はあると思います。
ただしSWCはCFVII 50Cには対応していないようで、CFVII 50Cを使用したい方は次のモデルのSWC/Mを選択する必要があるみたいですね。

私のSWCには、CFVII 50Cは使えないのか( ´д`ll)

撮影時にはやはり、カメラの平行性を保たないと傾きが極端に目立ってしまうので、撮影時には水準器で確認しつつ撮影するスタイルですね。
露出を計り、目視で距離を判断しピントを合わせ、水準器で傾きがないか確認するなど、撮影そのものを楽しむことができるカメラだと思います。

■HASSELBLAD(ハッセルブラッド)SWCで撮影した写真は、下記リンク先のそれぞれの記事から確認できます

HASSELBLAD(ハッセルブラッド)SWCの作例はコチラ

関連のオススメ

おすすめの記事