蓮の花

う~~~ん!!
今週の休みもまた天候が悪いね~~(ノω・、) ウゥ・・・
まだ6月下旬、雨の日はしばらく続くか。

雨は降ってないけどね・・・いつ雨が降ってもおかしくないような微妙な空!!

だから今回も近場で写真撮影をして過ごすことにしました。
ちょうど蓮の花が咲いている時期なので、近くの池に蓮の花を撮りにいきました。

ハッセルブラッド500CM

蓮の花を撮影するのに、ハッセルブラッド500CM。
レンズは少し遠い物もアップで撮れるように、Carl ZeissゾナーCF250mmとCarl ZeissマクロプラナーCF120mmを持って出ることにしました。

ニコンF2とNikkor45mm 2.8P

池へ向かうまで道中は、購入したばかりのニコンF2とNIKKOR 45mm 2.8Pパンケーキレンズを装着して、撮影を楽しむ感じで(●´∀`人´∀`●)ネェ☆

う~~~ん
イイね、ニコンF2とNIKKOR 45mm 2.8Pパンケーキレンズの組み合わせ!!
買って正解だったよ。

 モノクローム撮影をフィルムを使って始めたいならコレ!!
安心の性能と感度で、デジタル撮影では再現できない粒子感と柔らかさの魅力を気づかせてくれるモノクロフィルムです。

6月下旬は蓮の花の撮影に最適な時期

目的地の池に到着すると、ちょうどいい感じに蓮の花が咲いている。
6月下旬は咲いている花から、咲きかけの蓮の花や、まだ蕾の状態まで幅広く撮影できるタイミングかな!!

蓮の花の蕾Hasselblad 500C/M・ゾナーCF250mm F5.6・デジタルバックCFVII 50C

もう少しで咲き始める感じかな!!
ちょうど曇りの空で、コントラストが付き過ぎないので、撮影にはちょうどいい。
蓮の葉っぱに、もう少し雨粒が欲しかったかな・・・

3万円で購入したとは思えない、Sonnar(ゾナー)CF250mm!!
みんな解像度がどうのとか言うけどね、アポクロマートのレンズと比較するからで全然実用的なレンズだと思うよ。

お得に購入できる価格なので、まだゾナーCF250mmを持ってない方はオススメかな^^

蓮の花2Hasselblad 500C/M・ゾナーCF250mm F5.6・デジタルバックCFVII 50C

う~~~ん、おしいなもう!!
蓮の花びらが、一枚だけ捲れ上がっちゃっているよ!!

咲いている状態の花で、形が整っているものは意外と少ない感じかな・・・

蓮の花と蕾Hasselblad 500C/M・ゾナーCF250mm F5.6・デジタルバックCFVII 50C

まだまだグングンと蕾が伸びてきているね。
お寺に咲いている蓮の花より、ちょっと小ぶりな種類なのかな?

お寺の蓮ってサイズが大きいせいか、もうちょっとグロテスクな感じがするだよね。
葉っぱとかすごく巨大化してるもんね。

蓮の花1Hasselblad 500C/M・ゾナーCF250mm F5.6・デジタルバックCFVII 50C

これなんかいい感じ!!
もう開花寸前だけど、すごく清廉な感じがするな~~~

蓮の花って開花しているよりも、これくらいの状態が一番いい感じがするな。

まだ6月下旬なので、しばらく蓮の花は見頃なので来週あたりも撮りに行ってみようかな。

 もう重たい三脚は使いたくない、三脚選びで失敗したくないならコレ!!
トラベルにも作品作りにも、三脚を持ちだしたくなる手軽な本格派軽量カーボン三脚。
おすすめの記事