ピンクッション

今回は自宅でピンクッションという切り花を撮影してみました。
いつも花を購入する店舗で何の花を購入しようか選んでいたところ、見た目が他の花とは異なる特徴を持つ「ピンクッション」という花が気になりました。

何というか、これはどの部分が花にあたるのかな?
どう見ても全体の一つ一つが雄しべ^^;

そう思わせるような形をしています・・・。そういうことで特徴が気になったので、ピンクッションの切り花を1本だけ購入することにしました。

ピンクッション2Hasselblad 500C/M・プラナーCF120mm F4・デジタルバックCFVII 50C

う~~ん!!
黒背景だと特徴が特に際立ってくる感じですよね。

花の赤い色も映えるしね。

ピンクッション1Hasselblad 500C/M・プラナーCF120mm F4・デジタルバックCFVII 50C

拡大してよく見ると、一本一本が発情期のワンちゃんのアレに見えるのは気のせいかΣヽ(゚Д゚○)ノ
それをイメージして、こんだけ大量に密集しているのを考えるとちょっとヤバイ^^;

触手感?性器感?が半端ない・・・
スミマセン、下品な表現で!!

ピンクッション3Hasselblad 500C/M・プラナーCF120mm F4・デジタルバックCFVII 50C

赤い花だからモノクロだと、ちょっと黒背景だと厳しいかなと思ったけど!!
部分的に写している場合は、モノクロでもアリかも^^

先端に付いている粉っぽい物は花粉かな?
えっ・・・モノクロでよくわからない。

ピンクッション4Hasselblad 500C/M・プラナーCF120mm F4・デジタルバックCFVII 50C

この黄色い粉・・・
確実にアレだな^^

でも肝心の雌しべはどこにあるんだこの花は?

まだ花が全部開ききっていないので、観察していこうかな。
最終的にどういう感じになるんだろ、このピンクッションという花!!

前回の自宅での花撮影の記事はコチラ

おすすめの記事