花を撮影

相変わらずスッキリしない天気が続きますよね。
かと言って、それほど雨が多いかというとそういうワケでもない。ただただ天候が中途半場に悪くて、撮影に出ようか躊躇してしまう日が続いているんですよね。

だから最近は自宅や近所で撮影している日が増えている状態^^;

まあちょっと今月はニコンF2やNIKKOR 45mm 2.8Pレンズを買っちゃったし・・・
今月の予算をオーバーして浪費をしているからね^^;

その分遠出をせずに近場で過ごすのも仕方がないんですけどね。

でもそれって撮影機材を買って撮影に行かない、一番あかんパターン!!
ダメだダメだ、サイトのタイトルからブレブレだろw

しばらくの間は、カメラ情報や販売サイトを見ないようにしないとね。
高価な銘玉レンズには興味はないけどね・・・
手頃な価格の中古カメラやレンズって、ついつい手が出せてしまう価格なので気になってしまう^^;

そんなことで、今回もマクロプラナーCF120mm・エクステンションチューブ・三脚を持って、近所の公園で近接撮影で楽しんでいました。

意外とね、じっくり観察すると面白いんですよね。

 現在のレンズの中でも、最高峰のレンズ性能を誇るZマウントレンズ!!
他を寄せ付けないその脅威的な解像度を、マクロ撮影で堪能してみませんか。

近所の公園でゆったり撮影

三脚立ててマスクを付けて、近所のありきたりな小さい公園で近接撮影!!
傍から見ればかなり怪しいオッサンに見えてしまう・・・^^;

人っ子いない公園で、マスクいらんだろって感じですけどね。
マスクしているとファインダーも曇ってしまうし、結局マスクを下にズラしてしまっている。

マクロプラナー120mmで撮影1Hasselblad 500C/M・マクロプラナーCF120mm F4・デジタルバックCFVII 50C

たまにね、公園で遊んでいる近所の子どもが「何してんの?」と聞いてくる。
まだオジサンって呼ばれたことはない^^;

レジでお酒を買おうとして、10代と間違われて喜ぶ三十歳前後の女性みたいにねw

さてさて!!

こういう小さい花を見つけて、マクロで撮影して楽しんでいる。
よく見るとホント小さい花も綺麗なんだよね。
ヒメジョオンって花だったけな?
蕾が下向きだから、ハルジオンの方かな・・・わからない。

こういうのが切っ掛けで、意外と花を調べてみたりすることが増えてくる。
そのうち野鳥とかも知らべだしたりするのかな、私の所有しているレンズで野鳥を撮れるような物はないけどね・・・お金の掛かりそうな分野なので深入りしないようにしておこう^^

今度35mmのマクロレンズで、野草を等倍撮影してみようかな。
フィルム撮影になっちゃうけど・・・

マクロプラナー120mmで撮影2Hasselblad 500C/M・マクロプラナーCF120mm F4・デジタルバックCFVII 50C

近景に焦点を合わせた、こういうの全然うまく撮れない!!
背景が開けたような感じの方がいいのかな?

背景が茂みだと、何か閉鎖感を感じてしまうよね。

マクロプラナー120mmで撮影3Hasselblad 500C/M・マクロプラナーCF120mm F4・デジタルバックCFVII 50C

よく来る公園なのに、全然気づいてなかった!!

木の切株の中から、別の植物が生えてきている・・・
ワザワザそんな日当たり悪いところを選ばなくてもね~~~

って言っても自身では選べないか^^;
人も一緒!!

マクロプラナー120mmで撮影5Hasselblad 500C/M・マクロプラナーCF120mm F4・デジタルバックCFVII 50C

小雨が降ってきたので自宅へ帰ると、先週購入して撮影したユリの花を置いているベランダを見た。
ユリの花の香りがあまりに強すぎたので、ベランダに置いてあるプランター用の棚に飾っていたけど、もう花のピークを過ぎようとしている。

熟した感じ!!
モノクロで接写用のストロボを付けて撮影すると、何ともグロテスクに写ってしまう^^;

ユリってもっと清廉な感じじゃないの・・・
どう見ても熟したグロテスクな物にしか見えない。
アレかな、ベランダの過酷な環境に晒していたから、熟すのが早かったのかもねw

また家に飾る花でも買ってこようかな。
今度はあまり香りが強くない花にして、室内に飾り観察しながら撮影しよう。

 Fマウントから解放された最先端のレンズ設計が可能なZマウントシステム!!
21世紀の先端をいくために開発されたZシリーズの最新鋭機を手に、世界を写してみませんか。

おすすめの記事