ニコンAI AF Nikkor 24mm f/2.8Dレンズを使った感想と作例

今回は私が使用している、ニコンFマウントのAF広角レンズの「AI AF Nikkor 24mm f/2.8D」レンズについて、使っていて感じる感想や作例について紹介していきます。
相変わらず微妙に古いレンズばかりでね^^;

手頃な価格でニコンの高性能な光学レンズを味わいたい!!
ワイドな画角の24mm単焦点レンズで撮影したい!!

このようにお考えの方は、私がニコンAI AF Nikkor 24mm f/2.8Dレンズを使った感想と作例の記事を参考にしていただければと思います。

 Fマウントから解放された最先端のレンズ設計が可能なZマウントシステム!!
21世紀の先端をいくために開発されたZシリーズの最新鋭機を手に、世界を写してみませんか。

ニコンのAI AF Nikkor 24mm f/2.8Dレンズを使った感想

ニコンのAI AF Nikkor 24mm f/2.8Dレンズを手に入れたのは、14~15年ぐらい前だったかな!!
ニコンの単焦点AFレンズを、中古で少しずつ揃えていたころだと思います。

その当時での中古価格で、2万円ぐらいで購入した記憶があります。
とは言っても、AI AF Nikkor 24mm f/2.8Dレンズは新品で購入しても、そこまで高価なレンズではなかったように思います。確か3万5000円~4万円ぐらいの間だったような記憶があるけど・・・

結局中古で、購入したけどね^^;

AI AF Nikkor 24mm f/2.8D

このレンズのいいところは、そのサイズの小さいところかな!!
パンケーキレンズとまではいかないけど、コンパクトなサイズで作られており遠足で持っていく水筒のコップくらいのサイズなんですよね^^
質感もそうだけど・・・

そんな小型の広角単焦点レンズですが、逆光にも強く十分な性能を持ったレンズだと感じています。
最短撮影距離も0.3mなので、結構寄れるので使いやすいレンズです。

欠点ではないけど、レンズの筐体がそこまで高級感がないところがね・・・
新品でも比較的安いレンズなので仕方ないけどね。

単焦点レンズを購入する人って、少し高くなってもレンズに高級感のある質感が欲しい、そのように感じている人が少なくないと思う^^;

ニコンのAI AF Nikkor 24mm f/2.8Dレンズの作例

ニコンのAI AF Nikkor 24mm f/2.8Dレンズで撮影した作例です。
これからも随時追加していきますので、期間を開けて閲覧して頂ければと思います。

AI AF Nikkor 24mm作例1Nikon D70・AI AF Nikkor 24mm f/2.8D

APS-Cサイズのデジタル一眼レフを使っているので、真の画角で表現できていない!!
しかし安定した描写をしてくれるこのレンズはとても使いやすい。

AI AF Nikkor 24mm作例2Nikon D70・AI AF Nikkor 24mm f/2.8D

こういうシンプルな風景には、広角レンズが一番!!
空のトーンや雲の細部までしっかりと描写してくれるので、このレンズの性能にとても満足しています。

AI AF Nikkor 24mm作例3Nikon D70・AI AF Nikkor 24mm f/2.8D

これで中古価格2万円で購入したのだから、かなりコスパがいいレンズだと思う!!
現在だともう少し安く購入できるようなので、やや古いレンズでも構わないと考えているなら、AI AF Nikkor 24mm f/2.8Dレンズもありだと思います。

無駄にデカい新しいレンズは持ち歩きたくないもんね!!
ミラーレスになってボディは小型化されたけど、レンズが巨大化ってどうもな~~~って思う今日この頃です。

その他のニコンのレンズの記事も書いていますので、少し古めのレンズになりますが良ければ読んでいただければと思います。^^
ニコンのマクロレンズについて記事はコチラ

おすすめの記事