Nikon FM3Aで桜ノ宮公園の川沿いを散歩しながら撮影してきた

今回は大阪市内の桜ノ宮公園の川沿いを、ゆっくりと散歩しながら撮影することにしました。
ちょうど良い天気で気温を暖かめだったので、撮影するにも快適な感じでした。

桜ノ宮公園と言っても川沿いに沿って長いので、まずは藤田邸跡公園の裏側から撮影することにしました。藤田邸跡公園は昨年何度か行ってけど、もうすぐでもう一年近くになるんだな・・・^^;

藤田邸跡公園を撮影した記事はコチラ

Nikon FM3A

今回使用したカメラは、ニコンFM3Aのシルバーモデル。
ニコンが最後に出したマニュアルフォーカスのフィルムカメラ。マグネシウム合金のボディなのでニコンF1やF2よりも質感的にはチープだけど、その分機能的な面で使いやすいカメラ。

ついつい絞り優先オートで、楽して撮影してしまうところもありますけどね^^;

マミヤ7II

もう一台は中判レンジファインダーカメラのマミヤ7II。
ニコンFM3Aには準広角レンズの45mmレンズを付けているので、マミヤ7IIには50mmの広角レンズ(35mm換算で24mm相当)で、川沿いの風景をワイドに撮影したいと思い持ってくることにしました。

桜ノ宮の川沿いをブラブラと撮影

藤田邸跡公園の裏側からあたりから撮影を開始。

波状雲Nikon FM3A・NIKKOR 45mm 2.8P・New Seagull 100

空を見上げると、波状雲が発生している。
波状雲ってどういう予兆だったけ・・・撮影していたこの日は、トンガで火山が噴火していたけど。

まさか関係ないよね(・ω・; ゞ

継接ぎの塀Nikon FM3A・NIKKOR 45mm 2.8P・New Seagull 100

いったいこの塀はどういう経緯でこうなってしまったんだ?
まるでコラージュみたいになってしまっているが、なぜ一部分だけ石垣が剥き出しになっているのだろう。

ひょうたん池Nikon FM3A・NIKKOR 45mm 2.8P・New Seagull 100

桜ノ宮公園内のひょうたん池。
地図で調べなければ、瓢箪型になっているのを全然気づかなかったけどね。

6月~7月にかけて、蓮の花が見れる場所。

枯れた蓮Nikon FM3A・NIKKOR 45mm 2.8P・New Seagull 100

冬場の蓮はこんな感じ。
めっちゃ枯れているけど、また初夏には見事に蓮の花が咲いているんだよね。

去年桜ノ宮公園で蓮を撮影した記事はコチラ

桜ノ宮の大川Nikon FM3A・NIKKOR 45mm 2.8P・New Seagull 100

絞りを開放で撮影してみた。
45mmのF2.8でも、程よい感じのボケ方をしてくれるな。

川沿いの景色Nikon FM3A・NIKKOR 45mm 2.8P・New Seagull 100

F8くらいまで絞ると、キリキリとした感じに仕上がってくれる。
小さいパンケーキレンズだけど、ニコンのNIKKOR 45mm 2.8Pレンズって優秀だな。

見た目重視で購入したレンズだけど、使うほどにこのレンズの魅力を感じているかな。

競技用ボートNikon FM3A・NIKKOR 45mm 2.8P・New Seagull 100

川沿いに並べられている競技用のボート。
どっかの大学のボートかな?

歩いていると、若い女性がボートを漕いでいるのを時々見かける。

川沿いの景色1Mamiya7II・N 50mm F4.5L・Kodak Tri-X400

10年以上期限が切れたフィルムの影響かな。
画面全体に変な皮膚病のようなブツブツしたムラのようなものが発生している。

何か気持ち悪いな~~このブツブツと思いながらも、普通に記事に使っているけどね^^;

やっぱり極端な期限切れフィルムを使うのは、リスクがあるんだな・・・
まあ趣味で撮影しているからいいんだけどね。

以前同じ期限切れフィルムを使った時は問題なかったんだけど

おすすめの記事