HASSELBLAD(ハッセルブラッド)500C/Mを使って思うことや作例

最近購入したHASSELBLAD(ハッセルブラッド)500C/M!!

現在私はハッセルブラッドを4台所有しています。

・HASSELBLAD 503CW
・HASSELBLAD SWC
・HASSELBLAD 500C/M
・HASSELBLAD 907X 50C

日曜写真家が、なぜそんなにハッセルブラッドを何台も持っている?!
とてつもなく散財していないか!!

ハッセルブラッドを持ちだして、外で撮影していると写真やカメラの好きな人から、まだハッセルを使っているのか・・・そう言われてしまう今日この頃ですが・・・
たしかに一般的には完全にデジタルカメラに以降して、かなりの年月は経過しているのでね・・・^^;

 モノクローム撮影をフィルムを使って始めたいならコレ!!
安心の性能と感度で、デジタル撮影では再現できない粒子感と柔らかさの魅力を気づかせてくれるモノクロフィルムです。

そんな時代遅れのカメラになっているのは否めないけど、このカメラを長年使っていても、まったく飽きがこない魅力あるカメラなんですよね・・・
20年ちかくHASSELBLAD 503CWを使っていたのですが、巻き上げクランク部分が壊れてしまい、すぐにクランクがポロっと取れてしまう状況になったので、新たに中古でHASSELBLAD 500C/Mを購入しました。

もちろんHASSELBLAD 503CWも巻き上げクランク部分を除けば、まだまだ動くので交換用の巻き上げクランクがないか探しています。というか中古で巻き上げクランクを探している中で、血迷ってSWCを買ってしまったのですがね^^;

でもSWCに付いているビオゴンは、凄い写るレンズなので興味がある方は絶対に使ってみるべきだと思います。

そういうワケで我が家には、ハッセルブラッドが4台ある状態です。

肝心の500C/Mですが、まったく問題なく快調に使えている状態です。
フォーカシングスクリーンがデフォルトの物が付いていたので、若干暗く感じるところかな。

入念に見るとフォーカシングスクリーンに、以前使っていた方がクリーナーで拭いた拭きムラとガラスの間にクリーナーがシミ込んだ痕がある!!

フォーカシングスクリーン

これは派手にヤラかしてしまってますね!!
以前中古カメラ店のハッセルブラッドに詳しい方も、フォーカシングスクリーンはクリーナーで拭くのは止めとけと言っていた理由に納得です。

ピント合わせをしやすくするためにも、近々アキューマットへ交換しようかな。

中古市場でハッセルブラッドが消えた?

そんなハッセルブラッドですが、中古で購入しようと中古カメラ屋を回っていて、物凄く置いていない状況になっているようですね。
置いていてもあまり状態が良くない物だったりね・・・

中古カメラ屋のお店の人に聞いてみると、どこともハッセルブラッドを置いているところが少ないみたいですね。

理由は中国からの観光客(おそらく中国の中古カメラ業者)が買い上げていっていることや、フィルム経験がない若い方が中古の中判カメラ(ハッセルブラッドやペンタックス67など)を購入していっているようですね。
そう言えばペンタックス67もあまり見かけなくなった感じですね、以前はかなり安く購入できたのに。

※特にライカのビンテージ物をごっそりと購入していくみたいで、日本の中古市場はかなり貴重なカメラ・レンズを入手するのが難しくなっていきているようですね。
私の場合はあえてライカには手を出さないようにしています・・・沼にハマりそうで怖いので^^;

 フィルムから諧調豊かな超高画質スキャンをしたいならコレ一択!!
ポジ・カラーネガ・モノクロフィルムまで諧調豊にスキャンしてくれます。

そんなワケで私も程よい状態のハッセルブラッド500C/Mを入手するのに、そこそこ探す必要がありました。でもハッセルブラッドのボディは品薄状態であるのですが、レンズに関してはかなり値崩れを起こしているようですね。

150mmや250mmで実用上問題ないレベルの状態の物が、3万円弱で購入できる状態!!
流石にアポクロマートの望遠レンズなどは高いですけどね・・・望遠レンズはあまり使う頻度は少ないけど、一度でもいいからどんな写りをするか興味があるので使ってみたい。

50mmの広角系のレンズもかなり安くなっているので、これからハッセルブラッドを使ってみようと思う方にはレンズが安くなっているのはお得だと思いますね!!

私は・・・
20年前に倍以上の値段で購入しているよ~~~^^;

 

■HASSELBLAD(ハッセルブラッド)500C/Mで撮影した写真は、下記リンク先のそれぞれの記事から確認できます

HASSELBLAD(ハッセルブラッド)500C/Mの作例はコチラ

 もう重たい三脚は使いたくない、三脚選びで失敗したくないならコレ!!
トラベルにも作品作りにも、三脚を持ちだしたくなる手軽な本格派軽量カーボン三脚。

おすすめの記事